092-761-3001
〒810-0022 福岡市中央区薬院2-5-20
平日
9:00-12:30 / 14:00-17:30
土曜
9:00-12:30

女性の尿漏れ 骨盤底筋体操について

久しぶりのコラムです。
今回は骨盤底筋体操について書きたいと思います。

まずは肛門を便を止める感じで収縮させてみましょう。

次は息を吐きながら、膣を頭の方向に向かってグーっ引き上げてみましょう(おしっこを我慢する感じ)。出来ていない人はお尻、腹、太ももなどの違うところに余計な力が入っている可能性があります。

骨盤底筋は速筋と遅筋があります。速筋は咳やくしやみなどをした時に瞬時に尿が漏れないように尿道を締める働きをしてます。遅筋は尿道をしめ続ける筋肉で尿意を感じてから排尿をがまんする働きがあります。速筋と遅筋を両方鍛えることにより効果的になります。

速筋は上記の膣の頭の方向にグーっとしめてすぐ緩める5回を5セット行います。
遅筋は5秒間グーっとしめて10秒間緩めるのを同じように5回を5セット行います。

正しく骨盤底筋を収縮させているかの自己評価が難しいです。
当院では医師を含め女性スタッフがあり、骨盤底筋体操の指導もしておりますのでお気軽にご相談ください。

骨盤底筋体操により2-3ヶ月継続すると70%程度は尿漏れが改善すると言われております。
最低3ヶ月は続けてみましょう。継続は力ですね。


一覧に戻る

オンライン診療「クリニクス」